腰痛で悩む女性に多い「反り腰」!その3つの原因とは?|金沢市のカイロプラクティックなら、骨盤矯正・ダイエット・腰痛に力を入れているコアスタイルへ

  • 080-9672-3551

    ※予約専用ダイアル
    ●営業時間 9:00〜21:00(最終受付20:00まで)
      ※日祝 9:00〜18:00(最終受付17:00まで)
    ●完全予約制  ●定休日 不定休

  • LINE

腰痛

腰痛で悩む女性に多い「反り腰」!その3つの原因とは?

腰痛 

 

金沢市で腰痛の根本改善なら
当院へお任せください!

骨盤専門サロン Core×Style

院長の桝田和裕です。

 

\こんな腰痛のお悩みで困っていませんか?/

『慢性的に腰がいつも重たい…。』

『朝起きたら、腰が痛い…。』

『腰が痛くて仕事に集中できない。』

『腰痛がひどくて子供を抱っこしてあげれない。』

『仰向けだと腰が痛くて寝れない。』

 

これら以外にも・・・

 

腰が痛いと身体中あちこちに
他の不調も感じていたりしませんか?

 

反り腰が原因かもしれませんよ。

 

腰痛で悩む女性に多い特徴の一つが
「反り腰」
その原因として次の3つが考えられます。

 

 

● 筋肉の衰えや柔軟性の低下

加齢や運動不足による筋肉の衰えは、
反り腰になる大きな原因となります。

骨盤の前傾を防ぐ役割を持つ腹直筋など、
お腹まわりの筋肉が衰えることでも、
骨盤は前に傾いてしまうのです。

また、、、

腸腰筋や太ももの大腿直筋の
柔軟性が低下し硬くなることでも
骨盤は前に傾きやすくなります。

 

● 体型の変化

女性の場合、妊娠や太ってお腹が出ることで
重心が前に傾き、反り腰の原因となります。

お腹の重みを支えて立とうとすると、
無意識に腰を反らせた姿勢をとるクセ
これがつきやすくなります。

 

● 高いヒールの靴をよく履く

女性はヒールの高い靴を履く習慣も
反り腰となってしまう原因となります。

ヒールを履いた姿勢は、
「つま先立ちで坂道を下る」
この状態に近いからです。

つま先立ちでは、
平らな道も歩きにくくないですか。

坂道を下るとなると、
前につんのめるような状態になるため

倒れないように
体の重心が後ろにいきがちになります。

ヒールを履いたときも、
無意識にその姿勢をとってしまうため
腰もどんどん反ってしまうんです。

以上、、、

この3つのことが要因となり
女性は特に「反り腰」になりやすいのです。

反り腰は腰痛だけに限らず、
様々な不調の原因にもつながります。

 

※例えば、首肩こり、首や背中の痛み、
ぽっこりお腹、下半身太りなど
体型に関係するお悩みまで

 

『そもそも「反り腰」って、
どんな状態?姿勢を指すのか!?』

 

\ ご存じでしょうか? /

「反り腰とは何か」について

 

簡単に説明すると、、、

反り腰は腰椎(背骨の腰の部分)の
生理的湾曲(せいりてきわんきょく)が崩れ
体が前に傾いてしまった状態をいいます。

もう少し詳しく説明すると、、、

本来は閉じているはずの骨盤が
横に開いたままとなってしまい、
内臓が正しい位置に収まっていない
状態とも言えます。

なぜこのような状態になるのか。

これは、姿勢を保つための筋肉が
大きく関係しています。

私たちの姿勢を保つ重要な筋肉である

頭部を支える頸部筋
背骨を支える脊柱起立筋
太ももの裏側にある大腿二頭筋
足首を動かすヒラメ筋

いずれも体の背面にある筋肉です。

これらの筋肉が衰えてしまったり、
うまく機能していなかったりすると、
体が支えられず不安定になり、
前に倒れるような状態になります。

特に、骨盤の後ろとつながっている
大腿二頭筋の働きが弱いと、
骨盤は前に傾いてしまいやすいです。

その結果として、、、

体は前に倒れないようにバランスをとろうと
腰のあたりで「反る」姿勢になります。

これが「反り腰」です。

 

 

◆ 反り腰だと腰部への負担が大きい! ◆


 

正しい姿勢をとっていたとしても
腰の骨には負担は避けられません。

立っている時は、
体重と同じくらいの重さ
どうしても負荷がかかります。

最も負荷がかかる姿勢というと
実はイスに座った時の状態です。

それは、体の重心が前に出るため。

デスクワークの人にお聞きしますね。
『座り仕事で腰痛で悩まされていませんか?』

デスクワークは腰痛になりやすいです。

長時間ずっと同じ座った姿勢だと、
腰に大きな負荷をかけ続けてしまいますから。

反り腰の人は、、、

こうした負担がかかる姿勢のとき、
本来姿勢を支えるための背面の筋肉が
うまく働かない状態にあります。

腰の筋肉と背骨をつなげている
筋肉だけで体を支えようと、
踏ん張ってしまうのです。

これにより、、、

慢性的な腰痛の原因となるんです。

 

 

◆ 反り腰のセルフチェック ◆


 

カベで行うチェック方法

カベからカカトを5cmほど
離した位置でまっすぐ立ちましょう。

次に、カベに頭・背中・お尻をぴったりつけて
カベと腰のすきまに手を入れてみてください。

このときカベと腰のすきまに手がすっぽり入り
余裕がある場合は反り腰だといえます。

 

仰向けで行うチェック方法

まず、仰向けで寝ます。
床と腰のすきまを確認します。

そこに手が入る程度なら問題はないです。

それ以上のすきまがある場合は、
反り腰だといえます。

また、膝を伸ばして仰向けになると腰が痛く、
ひざを立てると痛みがやわらぐ場合も、
反り腰である可能性が高いといえます。

 

★ ★ ★

 

人の体は反り腰かどうかにかかわらず
腰に負担が特にかかりやすい
構造となっております。

女性の場合は男性よりも筋力が低く、
加齢とともに腹筋などの筋肉も衰えがちで
反り腰になりやすいです。

いくつになっても
美しい姿勢とスムーズに動かせる体
これらをキープするためにも

日々の習慣が大切です✨

ストレッチや筋トレなど
適度に運動を行いながら
身体全体を支えるしなやかな筋肉を
育てていきながら

反り腰などの不良姿勢を
悪化させない習慣を意識して
毎日過ごしていきましょう!

そもそもすでに、、、

反り腰がひどい場合は、
セルフケアだけではなく

骨盤や背骨の歪みや姿勢を
専門家にみてもらうことを
オススメいたします。

 

石川県内、金沢市近郊で
腰痛・反り腰・姿勢の悪さなど
身体の症状や不調でお悩みの方は、
当院コアスタイルまでご相談ください。

初めての方はコチラ

お客さまの喜びの声はコチラ

施術内容・料金案内はコチラ

ご予約・アクセスの確認はコチラ

 

※当院は根本的な改善を目指す専門院です。
マッサージなどの慰安目的の施術や
整体のような一時的な対症療法を
ご希望の方は、他院をオススメします。

当院には根本的に良くなりたい人が
多数、ご利用されています。

 


 

\本気で悩むあなたを応援します!/

カイロプラクター桝田和裕

骨盤専門サロン Core×Style 院長

カイロプラクター / 桝田 和裕(ますだ かずひろ)

 

カイロプラクティックを通じて、
お身体の悩みの根本改善に向けて
全力でサポートさせていただきます!

 

公式LINEから予約も簡単!
友だち追加

✨ネット予約24時間受付中!✨
ネット予約

ページトップへ戻る